4 新しいロボットの名前について

2021/12/01

t f B! P L
 こんにちは。寒いのは苦手な雪国出身のカワダロボティクス匿名社員です。
みなさんあたたかくされてますか。

弊社のヒューマノイドロボット「NEXTAGE」シリーズに、新しい仲間が加わります。
名前はNEXTAGE Fillie(ネクステージ フィリー)。
このFillieという名前に込めた想いをきょうはお話ししたいと思います。

Fillieは、NEXTAGE(初代NX01C, 二代目NXA)の弟/妹分として誕生したロボットです。
NEXTAGEの特徴である親和性の高いデザインはそのままに、
活躍の場を工場の外にも広げることを目指しています。

Fillieという名前の由来は、"Fill in the blank." 空欄を埋めてね、っていう意味の英語からきています。
NEXTAGE Fillie is my ________. この空欄に入る単語って、いろいろでいいんだなあと思ったんです。
ある人にとっては、friend.かもしれない。また別の人にとっては、colleague.かもしれない。
もしかしたらfather/mother.かもしれない。(NEXTAGEと一緒の現場で働く方で、NEXTAGEを頼れる「お父さん」に例えてくださった女性がいらっしゃいました。)

Fillieは、私から見ると「かわいらしい」外見をしています。
それはたぶん、私がカワダロボティクスの人間として、まあまあな期間Fillieと向き合ってきて、愛着がわいてもう言っちゃえば自分の子供くらいに思えているからですね。

でも、Fillieを見て人がどう感じるかはきっとそれぞれ違います。
「かわいい」と思ってくださる方もいれば、「かっこいい」「頼れる仲間」「動作停止してないか、ついつい気になっちゃう子」とかいろいろなんじゃないかと思いました。
そしてそれらの感想は、その方とFillieの関係性によって違ってくるのだな、と考えました。

今まで私達は、NEXTAGEは設備ではなくてパートナーですよ、という言い方をしてきました。
でもパートナーと思ってもらえるのか、メーカーが決めるものではないのでは?と思ったんです。こちらから提示するものではなくて、使う方、見る方、一緒に働く方…それぞれが自由にFillieを定義づけできる。Fillieとの関係を自由に構築できる。
それが、今のカワダロボティクスが提案する「ひととロボットのありかた」です。


Translate

QooQ